文書作成の代行

経営のために必要となる広範囲の決め事について、内容ごとに分類し、細かさに応じて階層を設定し、定款を最上位としてピラミッド構造に体系化します。
組織のあり方、責任と権限、業務プロセス、業務の実施手順などを明記し、組織運営の方法を見えるようにします。

勘と、経験と、度胸に頼っている状態文書作成の代行
誰にも分かるように整備された状態文書の階層構造

仕事に必要なものは道具と腕。
何をどうするかは、担当者が判断して、そのつど決める。仕事の結果は担当者の腕しだい。
これでは、望ましい結果を期待することが無理というもの。

組織が必要とする文書は、法律によって決められているもの、組織を維持するために必要なもの、業務の的確な実施のために必要なもの等があります。
その中でも、利益を生み出す仕事と、その仕事のやり方は、明文化されなければなりません。

仕事は結果だといわれるとおり、仕事の結果が明確にされていることが必要です。
仕事の範囲、仕事の進め方、経過の報告、結果のできばえ、結果のとりまとめ、標準的なあり方を文書化することが必要です。

 

  • 仕事のやり方が明確になる。
  • 仕事の分担が明確になる。
  • 何が不足しているかを知ることができる。
  • 仕事の問題点が見えるようになる。
  • 仕事のノウハウを保持できるようになる。
  • 仕事の引継ぎが楽になる。